コスプレ初心者のメイク道具おすすめは?男装やテーピングのやり方は?

 

この辺気になりますよね。

 

初めてコスプレメイクをする方は、何の道具が必要なのかわからない…

 

普段のメイクとどう違うの?アイラインをどこまで引けばいいの?テーピングって何?

 

と誰でもコスプレメイクの最初は疑問だらけだとおもいます。

 

 

今回はそんな初心者の方でもこれさえあれば大丈夫!

 

とおすすめできるメイク道具をご紹介します☆

 

 

< P R >
 

 

 

コスプレメイク初心者です…

ついに念願のコスプレデビューをしたものの衣装を着ただけでは勿体ないですよね。

 

どうせならメイクもバッチリ決めてデビューしたい!と思うはずです。

 

 

ですが、初めての場合は眉毛の色が水色や赤色だった場合、何で書けばいいの?

 

と思ったりいざメイクをするとコレジャナイ感が出てしまったりと最初は模索ばかりのメイクになりがちです。

 

普段と同じ感覚でメイクをしてしまうと自分自身の普段メイクになってしまうので
ウィッグを被ってもただの “自分のコスプレ” になってしまうのです。

 

そうならないためにも普段メイクではなく、キャラクターメイクを意識してみましょう

 

 

 

 

コスプレメイク道具おすすめは?男装やテーピングのやり方

コスプレメイクにおいて必要な道具は以下になります。

 

ベースメイク

ベースメイクに使う基本アイテムは主に、化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダーの3つになります。

 

それぞれちゃんとした役割があり、コスプレメイクにおいてベースはかなり重要です。

 

特に化粧下地は毛穴をカバーして肌を滑らかに整えてくれるほか、ファンデーションのもちをよくしてくれます

 

日焼け止め効果の入ったものもありますので持っていない方は 1 つでもあると便利ですよ☆

 

 

アイブロウ

眉毛に使うものは主にアイブロウペンシル・パウダー・眉マスカラの中からなのですが、基本アイブロウはブラウン系しか色がありません。

 

そこで使うのがアイシャドウなんです!

 

特にアイシャドウパレットがあれば色の種類が多いので使う場面が多く便利ですよ☆

 

他にも舞台用の本格的なカラーペンシルも落ちにくくおすすめです。

 

 

基本的な眉毛の書き方~女性キャラ編~

 

1) 最初に眉山の位置を決めたら、眉尻の長さを決めてペンシルで下書きをする。

 

2) 眉山を書く。ぼかしを入れたい場合はパウダーを使う。1 で描いた眉に繋げていく。

 

3) 毛の流れを整えるために眉ブラシで全体を整える。

 

 

 

基本的な眉毛の書き方~男装編~

男性キャラは眉が目に近いことが多いので、始点は眉頭から描きます

 

鼻筋から続く位置にあたりをとりましょう。

 

眉尻に向かってシュッと上がってくイメージで描くといいですよ♪

 

※男装の場合は自眉を消した上から描きます

 

 

アイメイク

一番重要なアイメイクですが、主に使うものはアイライナー(ペンシル&リキッド)・アイシャドウ・マスカラ・アイテープ(ファイバー&アイプチ)・つけまつげの 5 つになります。

 

これさえあれば最初のうちは大丈夫です♪

 

アイラインはキャラに合わせたメイクなので自分がしたいキャラの目元をよく確認しながらお手本にして少しずつラインを引いていきます。

 

いきなりリキッドアイライナーで引いてしまうと、失敗したときのお直しが大変なのでまずはペンシルで描いていきましょう。

 

元の目に関係なく引くことが大事です。

(※かといってオーバーに描きすぎるととんでもないことになるので調節しながらが大事です)

 

女性キャラの場合は丸みを帯びた感じを意識し、黒目の上を太く引くと目が大きく見える効果もあります。

 

涙袋も書き足すと女性らしさが出ますね♪

 

逆に男性キャラの場合は目尻まで長く、切れ長なイメージで引くとグッと印象が変わります。

 

アイラインが命のメイクなので自分が納得いくアイメイクが完成するといいですね☆

 

アイシャドウはラメなしのものをなるべく選びましょう。

 

 

ハイライト&シェーディング

ハイライトとシェーディングに使うものは主にハイライトパウダー・シェーディングパウダの 2 つになります。

 

パウダー系は初心者の方にも使いやすいです。

 

他にもシェーディングはスティックタイプのものもあるので自分にあったものを使うのがおすすめです。

 

シェーディングは陰影をつける事によって立体感のある顔に仕上がります。

やり方としては額から耳横、あご下から耳下、頬骨の下にも入れることによって小顔効果が得られますよ♪

 

ハイライトはおでこから鼻筋、目の下に入れると透明感が出るのでおススメです。

 

ハイライトもスティックタイプやクリーム・リキッドタイプがあります。

 

男装の場合は鼻を高く見せたいときによく使います。

 

 

リップ

リップで使うものは主にリップクリーム・グロス・口紅・リップライナー・コンシーラーの5 つです。

 

キャラクターの唇を見るとぽってりしているのもあれば薄く清楚系な唇のキャラクターがいますよね。

 

そのキャラクターと同じようにリップを塗るのがベストですが、もともと自分の唇が薄かっ
たり、逆にふっくらしている方はどう塗ったらいいのでしょうか。

 

薄い唇の人の場合でふっくらと見せたい場合、

上唇の輪郭をコンシーラーで消してリップライナーで新たに唇の外側に輪郭線を描きます

 

そのあとに口紅を塗ります。

 

ぽってりとした唇の人で薄く見せたい場合、

コンシーラーで輪郭を消したらリップペンシルで自分の唇より内側を縁取り口紅を塗
ると薄く清楚系な唇に見えますよ♪

 

 

男装の場合

男装は基本的に唇の色を消します。

薬用リップをぬったら上下の唇をコンシーラーで消して、その上からまたリップクリームを塗れば完成です。

 

唇が荒れやすいのでこまめにリップクリームを塗りましょう。

 

 

テーピング

テーピングで使うものは主にそのままテーピングになります。

 

目がつり上がっているキャラだったり、たれ目のキャラだったりするとテーピングを活用した方がよりキャラに近づけます。

 

他にも輪郭を小さく見せたい場合にも使います。

 

ですが、種類が豊富にあるためどれを使ったらいいかわかりませんよね。

 

 

筆者のおススメはアシストさんのリフトアップテープです。

 

●無色透明で目立たない!

●メイクの上からでもしっかりと貼れる!

●医療用として使用されている肌に優しい素材!

●顔の輪郭をシャープにできる!

●つり目・でか目を再現できる!

 

 

つり目にしたい場合

目尻の横から上向きに引っ張り上げるようにテーピングします。

この時、つり上げたい箇所をおさえたまま引っ張り、ウィッグネットの上を通過させて止めます。

 

たれ目にしたい場合

目尻の横から下向きにあごに向けて貼っていきます。

つり目の時と同様にたれ目にしたい箇所をおさえながら引っ張ります。

 

輪郭を小さく見せたい場合

耳横から上向きに引っ張って貼りながら、ウィッグネットの上を通過させて止めます。

 

テーピングは見えないように、ウィッグを被るときにフェイスラインにかかる毛で隠すようにしましょう。

 

 

 

< P R >
 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「コスプレ初心者が使うメイク道具☆必要なものは?テーピングとは?」

についてご紹介しました。

 

以下、まとめてみました。

 

  • コスプレメイク初心者です…

⇒キャラクターメイクを意識

 

  • コスプレ初心者☆必要なメイク道具は?使い方や男装の場合は?

⇒ベースメイク……化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダー

 

⇒アイブロウ……アイブロウペンシル・パウダー・眉マスカラ

 

⇒アイメイク……アイライナー(ペンシル&リキッド)・アイシャドウ・マスカラ・アイテ
ープ(ファイバー&アイプチ)・つけまつげ

 

⇒ハイライト&シェーディング……ハイライトパウダー・シェーディングパウダー

 

⇒リップ……リップクリーム・グロス・口紅・リップライナー・コンシーラー

 

⇒テーピング……テーピング、おススメはアシストさんのリフトアップテープ

 

 

 

今回ご紹介したものが少しでも初心者レイヤーさんに役立てればと思います。

 

初めての場合は必要なものも多いですが最初は必要最低限で大丈夫です☆

 

慣れたら自分に必要なものがわかってくるのでその都度買い足していきましょう。

 

   
こちらもどうぞ!
 
 
アニメやゲーム好きなら一度はコスプレやってみたいですよね!  
 
でも、初めての場合、いろいろ不安ですよね!  
 
そんな時は、上の記事を参考にして是非コスプレにチャレンジしてみてくださいね!  
 
きっと新しい自分に出会えますよ!  
 
 
 
 
 






Sponsored Link